1. HOME
  2. ブログ
  3. 古材の松梁の再生した板のテーブル

古材の松梁の再生した板のテーブル

社長
肥え松の無垢板テーブルのご紹介です。

社長
このお家は書道家の先生の御自宅のマンションを、木造住宅のようにリニューアルしました。
 題して 『かな文字の書の似合う家』と名づけました

マル
わー!すごくいい感じの家ですね!本当にマンションですか?

マル
信じられない! 
それからタイトルが、「かな文字の書の似合う家」となっていますがどうしてかな文字の書なんでしょう?

肥松のテーブルが効いています。

色よし木目よし、手触り良しです。

お手入れは自作の椿油で拭かれているそうです。

お肌だけではなく、木もスキンケアが大事ですね。

新品時代より良くなっていました。

百年位前の、庄屋屋敷の解体時の、梁の古材です。

梁で100年倉庫で40年、寝かせてあった木です。

以下の写真は製材所で製材した時のものです。

松脂が多くて、帯のこ歯が詰り、何回も歯を取り替えて、やっと完了しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


上の写真でお分かりのように、100年を越しても松脂が滴り落ちてきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

松ぼっくりまで遡ると何年でしょう?

ご興味を持たれた方は猪谷工務店までお問い合わせ下さい。

残り枚数は3枚です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事